はじめての方へ

daihyo.png

代表挨拶

はじめまして、代表税理士の山岸正道(やまぎしまさみち)です。

税理士の仕事は、会計面・税務面・財務面から経営をサポートすることはもちろんですが、本来の使命は「経営者の良き相談相手」になることである、と考えております。

税理士と顧問先の関係として、データ入力やデータ処理だけの関係もあると思います。

(実際、事業を数値に置き換えるのは非常に重要な作業です。)

私が目指すのは、それにプラスして、お客様の夢(事業)に寄り添って、応援・サポートできる税理士、共に事業を成長させる税理士です。

そのために、なんでも話せる会計事務所。敷居が低く、気さくに話せる会計事務所を目指しており、お客様と接するときは、何よりも気軽に話せる雰囲気作り、そして親身な対応を心がけています。

 

わたしに関して

出身地 長野県長野市
誕生日 昭和51年11月28日
血液型 AB
趣味 野球、ドライブ
好きな本/音楽 ノルウェーの森、ワンピース/ミスチル、福山雅治
好きな芸能人 ナインティナイン
好きな言葉 繋がり
幸せと感じる瞬間 子どもと遊んでいるとき
ストレス解消法 寝る
かくれた才能 ギター
仕事におけるモットー 丁寧に決め細やかな対応
経歴

平成14年 9月 9日太田税理士事務所勤務

平成16年12月10日税理士試験合格

平成17年 8月24日:山岸税務会計事務所開業

seminer.png

写真)商工会議所の青年部での講師の様子

 

代表インタビュー

Q1 税理士の仕事とはどんなものだと考えますか?

お客さまにとって会社を経営していく上で一番身近で信頼できる相談相手

 

Q2 税理士をしていて一番嬉しいとき、税理士でよかったと思うときはどんな時ですか?

・お客さまに先生に頼んで本当によかったと言われたとき
・息子が将来になりたいものに税理士と言ってくれたとき(最近は考古学者と言っているらしい・・・)

 

Q3 お客さまに対してやらなければよかった、やってしまって後悔したことは何ですか?

失敗は許されない仕事なので今のところ後悔はありません。

 

Q4 税理士としてお客さまにどのようなサポートをしたいですか?

お客さまからの様々な問題に対応できるように僕と同年代の弁護士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士など士業のネットワークで総合的なサポートができるようにしています。

 

Q5 お客さまにとってどのような会計事務所でありたいですか?

税理士や会計事務所というと敷居が高い感じがあるのでお客さまがいつでも、何でも気軽に相談できる事務所でありたいです。

 

Q6 得意な分野はなんですか?今後強化していきたい分野はなんですか?

税理士のなかでは若手になり開業・会社設立する若い起業家の人たちからは多くの相談をいただいています。
今後は相続、事業承継、公益法人関係など特に力を入れていきたいです。

 

Q7 お客さまと接する際に気を付けていることはなんですか?

お客さまの話を先に聞こうと心掛けております。

 

Q8 今後目指す事務所像を教えてください。

尊敬している先生の事務所はすごく雰囲気がよく職員の対応もすごく気持ちの良い事務所です。
職員数も僕の事務所の倍以上いる事務所なのでそのレベルの事務所にはしたいと思っています。
 

無料相談を受け付けております。 0120-971-683